堺市にあるテアシス百舌鳥八幡はお困りの症状を無痛の整体で改善します

テアシス百舌鳥八幡


急性の寝違い・ぎっくり腰の方

このページをご覧になられているということは、現在、寝違い もしくは ぎっくり腰 発症しているということでしょうか。

寝違いもぎっくり腰も突然起こることが多いので一般的に急性疾患に分類されますが、実はどちらかというと慢性疾患になります。

というのも発生原因が、「朝起きたらなっていた」とか「ちょっと屈んだ時に・・」とか「くしゃみをした拍子に・・」など、ごく普通の動作がきっかけで起こることが多いからです。

要するに、きっかけは違えど原因は日常生活の偏った体の使い方や癖などで起こります。
「生活の見直しをしましょう。」と釘を刺したい所ですが、いま目の前の痛みをなくすのがまずは優先 です。

「寝違い」や「ぎっくり腰」は当院にお任せください。

最初の処置を誤ってしまい余計に長引いてしまった方が当院にはたくさん来られます。
判断を間違えないようにしてください。



寝違い



寝違いの発生原因は、肩こりが起こる原因とよく似ています。
詳しくは肩こり・首こりについてのページをご覧ください。



ぎっくり腰



定期的にぎっくり腰になるというTさん。
この日も「椅子から立とうとした瞬間」グキッという感覚と共に下半身に力が入らなくなり、そのまま動けなくなってしまいました。
かなり体格のいい男性の方ですがこの時ばかりは車の乗り降りも歩行も介助が必要でご家族に付き添われて来院されました。(動画参照)

初回施術後、Tさん自身「実感はあまりない。」とのことでしたが、体の歪み(特に骨盤と腰椎)の改善は見られたので私は自信を持ってお見送りしました。

翌日。
痛みは残るものの、くの字に曲がっていた体は伸びるようになり「訳がわからん。」と驚かれ、その翌日には何事もなかったかのように来院されたので、こちらも安心しました。


もう一例



ぎっくり腰はクセになる!
よく聞くフレーズですが、これは自信を持って間違いだと断言できます。

定期的にぎっくり腰になる人は、その時にマッサージや鍼灸など痛み止めの治療をするだけで根本的な部分を直していないからです。

堺市にある当院に初めて来られる患者様の中にも「毎年ぎっくり腰を起こす」という方は少なくないです。

しかし、当院で整体を続けていくことで「定期的に起こっていたぎっくり腰」が出なくなったという患者さんが多いところを見ると、正しいメンテナンスすることでぎっくり腰にならなくて済むようになるのだと思います。

テアシス百舌鳥八幡のご案内

住      所:
〒591-8037
大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5-370-3
アクセス:
 JR阪和線 百舌鳥駅より徒歩7分
南海高野線 百舌鳥八幡駅より徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
072-203-2200
営業時間:
平日  9:00-13:00
        16:00-20:00

土曜  9:00-13:00
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ