堺市にあるテアシス百舌鳥八幡はお困りの症状を無痛の整体で改善します

テアシス百舌鳥八幡


堺市堺区からお越しのTさん パーキンソン病

市在住のTさんの症例です。

Tさんは、腰痛と背中の痛み、時たま頭痛と目まいが起こるのを何とかして欲しいとのことで来院されました。

回は30分ほど時間をかけて細かくカウンセリングを行うのですが、その内容よりも気になったのがTさんの動作と表情でした。

手と顎が小刻みに震えていて、表情は無表情というかかなりこわばった様子。
パーキンソン病の患者さんによく見られる症状なのですが、Tさんからパーキンソン病を患っているとの申告もなく、こちらからいきなり「Tさんはパーキンソン病ですか?」と聞くわけにもいかないので、ひとまずそこには触れずにカウンセリングを続けました。


さて、Tさんの腰痛や背中の痛みの症状が出だしたのが2年ほど前で、普段の生活にも支障が出てきたのをきっかけに整骨院や治療院通いがスタートしました。

自分に合うところはないかと、この2年間で7件の整骨院に行き、先生に言われと通りに3ヶ月間毎日通った治療院もあったそうですが、どこに行っても思った様な効果は出ず、8件目がたまたま当院でした。

幸いにも、Tさんの主訴だった腰痛と背中の痛みは5-6回の施術(2週間程)で生活に支障の出ないレベルまで良くなりました。

2年間、どこに行っても良くならなかった症状が改善してくれたことをきっかけに、少しずつご自身のお話をしてくれるようになりました。

Tさんは、
6年前にパーキンソン病と診断を受け、現在は薬物療法を行っているとのことですが、あまり効果はナシ。

最初は体が傾きだし次第に思うように歩けなくなり手や足が震えだしたそうで、ここ最近はよく躓いたり転けたりするので外に出るのも億劫になっていたそうです。周りの目も気になる様になり、周りで笑い声が聞こえると「自分を見て笑ってる気がする」など精神的にも参っていたそうです。

でも、ここに来てから「なんか変わってきた」とのこと。

僕自身も施術を続けていく中で興味深かったのが、パーキンソン病特有の症状である手の震えと顎の震えがおさまってきたことでした。 

※動画をご覧ください。



パーキンソン病といえば、脳のドーパミンがなんちゃらかんちゃらで起こる病気です。
現代医学では、未だこれといった解決策はなく、Tさんのように薬で症状を抑えるのが主流なので「体の歪みを直すことでパーキンソン病が治りました!」なんて言ってしまうと、たぶん僕は医師会から袋叩きにあいます(笑)

ただ、Tさんのこの件に関して、Tさんの病気(パーキンソン病)の担当のお医者さんは、ありがたいことに、いわゆる「整体」のような代替療法にすごく理解のあるお医者さんで、色々とお話をしてくれるんですが、「正直不思議だけど、確かに変化は出てるよね」と言ってくれています。

経過はというと、顎と手の震えが止まりだしたのは、無痛整体のテアシスプログラムを開始してから1ヶ月(施術回数6回)が過ぎた頃でした。

この頃には主訴の腰痛や背中の痛み、頭痛やめまいもかなりマシになっていましたが、顎や手の震えは、施術後半日はもつかどうか。施術をすると震えが止まり、半日経つとまた震えだす、というのが2週間ほど続きました。

施術を続けて行くと、半日しかもたなかったのが1日もつようになり、2日、3日と震えが出ない日が増えてきました。

最近では、施術後1週間ぐらいはもつようになり、日常生活にも支障が出なくなってきています。

ぜ、パーキンソン病の諸症状が改善したのかは正直よく分かりませんが、当院でもパーキンソン病の改善例がこれで3例目です。系列院まで入れると、少なくとも10症例以上はあります。

〝体の歪みとパーキンソン病〟
近い将来、何らかの関連性が見つかることがあれば面白いですよね。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

テアシス百舌鳥八幡のご案内

住      所:
〒591-8037
大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5-370-3
アクセス:
 JR阪和線 百舌鳥駅より徒歩7分
南海高野線 百舌鳥八幡駅より徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
072-203-2200
営業時間:
平日  9:00-13:00
        16:00-20:00

土曜  9:00-13:00
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ