堺市にあるテアシス百舌鳥八幡はお困りの症状を無痛の整体で改善します

テアシス百舌鳥八幡


堺市堺区からお越しのMさん 股関節の痛みの症例です

Mさんは、半年くらい前から股関節周辺と太ももからスネにかけて痛みが出てきました。

じっとしている時はさほど困ることはないそうなのですが、和式のトイレに座るような姿勢と、しゃがんだ状態から立ち上がるのが痛くて辛いとのこと。運悪く職場のトイレが和式なので、毎回毎回苦痛だったそうです。

今まで大きな病気もしたことがなく、たまにどこかが痛くなっても今まではすぐに治っていたそうなのですが、今回は股関節に痛みが出だしてからというもの、腰や肩まで痛くなり「何かの病気の前触れかも?」と怖くなり病院へ行きました。

しかし、病院では異常なしとの診断を受け「年齢のせいでしょうね」と言われ、湿布と痛み止めの薬を処方されるだけ。その後、病院のリハビリや整骨院にも数ヶ月通いましたが、ほとんど効果はなく「年齢のせい」だと諦めていました。

それでは、初回の施術前と施術直後の様子をご覧ください。



病院では異常なしと言われたそうですが、幸い何箇所か異常な部分が見つかり、初回の施術で痛みは治まってくれました。本当に良かったです。


comment.png病院では「異常なし」と診断を受けたMさんですが、果たして本当に異常がなかったのでしょうか?

Mさんに限らず「病院では異常ありませんと言われました」という患者さんが当院にはたくさん来られます。しかし、体を精密に検査をしていくと、ほぼ100%の確率で異常が見つかるんですね。 これは、病院の検査より当院の検査の方が優れている!と言いたい所ですが、そういうわけではないんです。

見る目的が違うとでも言いましょうか・・
病院(整形外科)での検査は「折れていないか」「ヒビが入っていないか」「切れてはいないか」「ヘルニアや狭窄症はないか」など、
部品に異常がないかを調べるものです。
レントゲンやMRI、CTなどを用いますが、さすがにこれは当院ではできません。

しかし当院は、仮に部品に異常がなかったとしても「その部品(筋肉や神経)が正しく機能しているかどうか?」「本来あるべき位置に骨があるのか?」という所を見つけるのが他の医療機関に比べて得意です。反対に、これが病院や整骨院の先生が苦手な分野です。

「医療機関」という括りで見ると、患者さんにはどこも同じように見えるかも知れませんが、
「餅は餅屋」という諺があるように、医療機関の中にも専門分野があります。

病院で「異常なし」と言われたからといって絶対に諦めないでください。
痛みが起こっている限りは、どこかに異常はあります。

そして、その異常が見つかれば、たいていの痛みは改善してくれます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

テアシス百舌鳥八幡のご案内

住      所:
〒591-8037
大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5-370-3
アクセス:
 JR阪和線 百舌鳥駅より徒歩7分
南海高野線 百舌鳥八幡駅より徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
072-203-2200
営業時間:
平日  9:00-13:00
        16:00-20:00

土曜  9:00-13:00
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ