堺市にあるテアシス百舌鳥八幡はお困りの症状を無痛の整体で改善します

テアシス百舌鳥八幡


高石市からお越しのAさん 寝違いの症例です

高石市からお越しのAさん。
ある日突然首が回らなくなりました。


もともと慢性的な肩こりがあり、整骨院通いは毎日の日課になっていたそうで、前日も行きつけの整骨院でマッサージと針治療をしてもらいスッキリして帰ったそうです。

しかし、翌朝起きると首が回らなくなっており、動かすと激痛が走ったので、急いで
整骨院に行くと、病院での検査を勧められました。

レントゲンを撮るも目立った異常はなし
痛み止めの注射を打つも変化は見られず、マッサージやはり灸を1ヶ月間続けましたが良くならず、次第に腕をあげることも困難になってきました。そして数ヶ月もの間、痛み止めを飲んで我慢している様な状態でした。

当院に来たのは、痛みが出てから3ヶ月以上も経過した後でした。
初回の映像と施術後の変化をご覧ください。



Aさんの場合、すでに症状が慢性化しており周りの組織がカチカチになっていたので、さすがに1回の施術だけでは改善しませんでしたが、約2週間程度で日常生活への支障はなくなったそうです。

comment.png寝違いというと呼んで字のごとく「変な寝方でもしたのかな?」と思われる方も多いのですが、仮にきっかけはそうであってもそれが原因ではありません。

詳しくは肩こり・首こりについてのページに書いていますが、頚椎(首の骨)を支えている筋肉の片方が過度に緊張してしまい、左右のバランスが悪くなることで支えがおかしくなり頚椎そのものを歪ませてしまいます。

Aさんの場合、おそらくマッサージや鍼灸で、緩めてはいけない筋肉まで緩めてしまい、余計に頚椎を支える筋肉のバランスがおかしくなり、翌朝の寝違いに繋がったのだと思います。

Aさんに限らず、マッサージを受けた翌日、または数日後に寝違いを起こして来院される患者さんは意外に多いです。医学的な根拠は研究をしていないのでありませんが、何らかの因果関係はあるような気がします。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

テアシス百舌鳥八幡のご案内

住      所:
〒591-8037
大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5-370-3
アクセス:
 JR阪和線 百舌鳥駅より徒歩7分
南海高野線 百舌鳥八幡駅より徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
072-203-2200
営業時間:
平日  9:00-13:00
        16:00-20:00

土曜  9:00-13:00
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ