堺市にあるテアシス百舌鳥八幡はお困りの症状を無痛の整体で改善します

テアシス百舌鳥八幡


頭痛でお悩みの方

zut.png

頭痛とは?

一概に「頭痛」といっても様々な種類があります。 

頭痛というと「慢性的なもの」をイメージする方が多いのですが、大きく分けると以下の3つがあります。

二日酔いやアイスを食べたときなどに頭が痛くなる。
これは病気でもなんでもなく普通の生体反応です。


「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発性頭痛」など。
「私、頭痛持ちやねん」と言うような頭痛です。


脳の病気や何らかの病気が原因で起こっている頭痛です。


①②は特に気にすることもありませんが、③の場合は当院でもその他の治療院でも対処しかねますので、病院へ行くことをお勧めします。

いずれにせよ、外見上では判断が付かないので、まずは病院で然るべき検査を受けてください。


病院で検査を受けても「異常がありません」と診断を受けた方。

そんな方は、逆に病院に通ってもほとんど効果はありません。
当院までお越しください。

 

頭痛と体の歪みの関係性

頭痛と歪みって関係あるの?
はい、大いに関係がございます。

念のために申し上げておくと、上の項でお伝えした③脳の病気や何らかの病気で起こっている頭痛は、さすがに体の歪みをなおしただけでは解決しません。

しかし、それ以外の「これといって原因が見つからなかった頭痛」に関しては、体の歪みをなおすことで改善していくことはよくあります。

薬を飲んで痛みを止めたり、鍼やマッサージをするなどの「その場しのぎ」の処置ではなく、長年連れ添った「頭痛」とおさらばしたい方は読み進めてください。

 

頭痛を紐解く

頭に原因がないなら、真っ先に調べるべきはその下にある「首」でしょう。
頭で使われる血液は頭で作られるのではなく、心臓で作られて首を通って頭へ行きます。

そしてその血液がどこを通って脳に行くかと言うと・・


keitui1.png上の図の赤いのが血管です。
頚椎(首の骨)は7つあり、その1つ1つ(第1〜第6頚椎)に血管が通る穴(横突孔)が空いています。

イメージでいうとこのような感じです。

↓↓↓
↓↓↓↓↓↓

ana1.png上の写真は、コピー用紙を何枚か重ねてパンチで穴を開けたものです。
このように、穴が上から下までキレイに通っていれば問題はないのですが、
下図のようにズレてしまったとしましょう。

ana2.png仮に1枚1枚の紙が、1つ1つの頚椎だとしたら、穴の間を通っている血管はどうなってしまうでしょうか?

想像しただけで恐ろしいですよね。

ちなみにですが、2枚目の写真の「穴」自体に異常はありません。
穴の周りもキレイです。
なので、1枚1枚の紙を調べても異常はありません。

勘の良い人はもうお分かりでしょうが、これが病院でいう「異常なし」の正体 です。

そして残念なことに、この「ズレ」はレントゲンでもMRIでも分からないことが多いです。僕は手で触った感覚で皮膚の上からでも分かるようになりましたが、そうなるまでかなりの年月を要しました。

机の上の勉強では絶対に手に入らない感覚なので、いくらお医者さんでも「その分野」の専門家ではないので、分からないのも無理はありません。

さて、まだまだ続きますが、この時点で、僕に「お任せします!」という方は、↓のお問い合わせ、もしくはお電話でご予約ください。

 

なぜ、ズレが生じるの?

頚椎(首の骨)は多くの筋肉によって支えららえています。

keitui2.png

浅層(表面)
 

keitui3.png

深層


これらの筋肉が首の骨を支えると同時に、首の運動(下向き・上向き・横に回す・首を傾けるなど)を行っています。

イメージはこのような感じです。


tnt1.png真ん中の棒が骨。
両側のヒモが筋肉だとします。
写真のように左右が均等に引っ張っていれば棒(骨)は真っ直ぐに保たれますが、
左右の引っ張りが違うと、棒(骨)は傾いてしまいます。

tnt2.png
余談ですが、棒(骨)が悪いわけではないので、レントゲンやMRIでは見つかりません。
病院ではこれも「異常なし」と診断されるケースです。
(どう見ても異常なのにね...)

骨のズレはこのようにして起こります。

 

どうやって治すの?

ここまで分かれば、治すのはそんなに難しくありません。
上の写真のように、筋肉にも「緊張している側」と「緩んでいる側」があります。
それらを精密に検査し、無痛整体「テアシスプログラム」により、緊張している筋肉は緩めてあげて、緩んでいる筋肉は反対に緊張されてバランスを調整していきます。

することは、たったそれだけ。
そうすると、傾いていた骨が本来の位置に戻ってくれます。


tnt1.pngあとは、自分の体を信じるのみ。

って、何もオカルトチックな話じゃないですよ。
病気や痛みを治してくれるのは、薬でもお医者さんでも僕たちのようなセラピストでもありません。

自分自身の「治癒力」です。

僕ができるのは、その治癒力が働きやすくなる環境を整えてあげるだけ。

やってはいけないこと

体の歪みを整えることで頭痛が改善されるのなら、普段の生活から「体を歪ませる要素」を取り除けばいいだけ。当院では、出来るだけ医療機関に通わなくて済むように、自分でできる「セルフケア」をお教えしています。



koetaitoru1.PNG

薬も今は飲んでいません。

sano19.PNG以前より重度の肩こり、目まいがありました。血圧も高く何年も薬を飲んでいました。ここに来たのはケガをしたのがきっかけだったのですが、それ以前からあった辛い症状が治ったことに感謝してます。血圧の薬も今は飲んでいません。

 

 

頭痛は体質だから仕方がないと思っていた。

s.m sugie21.PNG14-15年前から頭痛で悩んでいました。頭痛薬は必需品で手放せませんでしたし、仕事帰りの整骨院での
マッサージは欠かせませんでした。今は頭痛薬も飲まずに済んでいますし、マッサージも行く必要がなくなりました。おかげで時間が作れるようになりました。

 

生活がすごく楽になりました。

h.m hawakawa23.PNG20代後半から頭痛、生理不順、貧血に悩まされていました。「年齢的なもので異常なし」と言われるだけなので整骨院や治療院を転々としながらも長い間解決策を見いだせずにいました。看板を見てふと気になって問い合わせをしたのがテアシスさんでした。体を動かすのがとにかく辛かったのが、今では日常生活も楽になり、あんなにたくさん飲んでいた薬の量も減りました。(まだ病院では出されているけど飲んでないです)

 

テアシス百舌鳥八幡のご案内

住      所:
〒591-8037
大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5-370-3
アクセス:
 JR阪和線 百舌鳥駅より徒歩7分
南海高野線 百舌鳥八幡駅より徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
072-203-2200
営業時間:
平日  9:00-13:00
        16:00-20:00

土曜  9:00-13:00
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ