堺市にあるテアシス百舌鳥八幡はお困りの症状を無痛の整体で改善します

テアシス百舌鳥八幡


ぎっくり腰について

gikkuri.png欧米では「魔女の一撃」と呼ばれることもあり、何の前触れもなく急に発症することが多いです。
一度起きてしまうと 定期的にぎっくり腰を起こす人も少なくありません。

初めてぎっくり腰になった人は不安になり病院を受診します。
2回目以降になると病院に行ってもあまり効果がないことが分かってくるので、整骨院や鍼灸院でマッサージや鍼灸の処置をしてもらう方が多いです。

このページをご覧になっている方は、今現在痛くて困っている方かもしれないので、うんちくは後回しにして最初の対処法をお伝えします。
(※下記の動画もご覧ください)

一番は、当院に来ることです。
いきなり営業みたいになりますが、これが一番早く良くなる方法です。
もしくはお近くのテアシスのグループ店舗へ。
店舗一覧は → 認定院 をご覧ください。


ただ、現在体を動かすことが困難。
または住んでる地域にテアシスがないこともあるので、ご自身でできることは「絶対安静」です。

患部がを持っているときは「患部を冷やす」ことです。


絶対にやってはいけないこともあります。

それはマッサージです。
これをやってしまうともう最悪。
余計に悪化してしまうことが多いです。

健康を維持するためにマッサージは普段からあまり行わない方が良いのは治療家の世界では常識です。
患者さんはマッサージは体に良いと思い込んでいますし「揉んで欲しい」という需要がまだまだあります。
整骨院の先生も「体に悪いですよ」と言ってしまうと商売あがったりになるので患者さんには言いませんが、業界では既に常識となっています。

マッサージに通っている人が(症状が良くならないまま)整骨院通いから抜け出せないのがそれを物語っていると思います。

元気な人が
「快楽」を求めて行くのは自己責任の範囲なので止めませんが、ぎっくり腰を治したくてマッサージに行こうとお考えの方は大反対です。

ちなみに、以前の僕がそうでしたが、整骨院の先生はプライドが高く「マッサージ屋さん」と呼ばれるのを極度に嫌います。
なので、「〇〇式」や「何ちゃらセラピー」のように「カッコいい横文字」にしてみたり。
どう見てもマッサージなのに、あえて難しい言葉を使ったりします。

慎重に選んでくださいね。

 

ぎっくり腰はなぜ起こるの?

ぎっくり腰は、腰椎に付着している(腰骨を支えている)筋肉が過度に緊張しそのまま硬くなってしまう(柔軟性がなくなる)ことで起こります。そのため、激痛とともに腰が曲がったまま伸ばせなくなり、日常生活にもかなり支障が出てきます。

 

当院のぎっくり腰の施術(整体)

緊張して硬くなってしまった筋肉を、無痛整体「テアシスプログラム」で少しずつ緩めていきます。

全く痛みのない方法で施術を進めていくと、前屈みになって伸びなかった腰が伸ばせるようになり、次第に動けるようになります。

sejyutufukei1.png

定期的にぎっくり腰を起こす患者さんの症例

テアシス百舌鳥八幡のご案内

住      所:
〒591-8037
大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5-370-3
アクセス:
 JR阪和線 百舌鳥駅より徒歩7分
南海高野線 百舌鳥八幡駅より徒歩10分

お問い合わせ・ご予約
072-203-2200
営業時間:
平日  9:00-13:00
        16:00-20:00

土曜  9:00-13:00
休業日:
日曜・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ